会話ブースターTS-CB1 導入事例

~ 特別養護老人ホーム熊谷めぬまの郷 様 :
玄関ホールを利用した面会室での会話をサポート ~

コロナ禍の現在、面会室に飛沫防止のためのパーティションを設置したり、ガラスで仕切られた部屋を面会室にしたりと、感染予防の工夫をしている老人介護施設が多いようです。
でもそのような面会室では、パーティションやガラス窓が遮ってマスク着用での声が聞き取りにくく、会話がスムーズにできないことも。

タケノコストアの会話ブースターTS-CB1はマイク付きのスピーカーセットで、そのような面会室でお使いいただくと、お互いの声が良く聞こえます。

発売以来、たくさんの介護施設や病院などでお使いいただいていますが、今回は老人ホームの玄関ホールを利用した面会室で、会話ブースターを導入したご使用例を紹介します。

■特別養護老人ホーム熊谷めぬまの郷 様:玄関ホールと室内間の間仕切りガラスに設置

特別養護老人ホーム熊谷めぬまの郷様では、玄関ホールを利用した面会室にTS-CB1を設置しています。

こちらの老人ホームでは、コロナウイルスが変異により感染力が強くなったため、入居者と家族の面会ができない状態になっていました。新たに面会室を作るのは工事や機器設置が必要となり費用的・期間的に困難だったため、玄関ホールの間仕切りガラスを利用して面会スペースとすることに。
その面会スペースで、玄関ホールと室内の間にある間仕切りガラスに会話ブースターTS-CB1を設置していただきました。

TS-CB1は親機と子機をケーブルでつなぐ必要がないため、ガラスや開閉できない窓等をはさんで設置することができ、めぬまの郷様のように既存設備を流用した面会スペースの間仕切りガラスでもご使用いただけます。

■通常は間仕切りガラスで遮られる音声を、TS-CB1が通して会話可能に

めぬまの郷様の面会スペースでは、玄関ホールと室内の間にある間仕切りガラス面に小型の棚を貼り付けその棚の上にTS-CB1本体を置き、面会者と入居者が座って話せる高さの棚の上に外部マイクを設置しています。

TS-CB1は、親機と子機両方の背面の光通信装置でガラス越しに光に変換した音声を相互に伝えますので、通常はガラスに遮られる音声を通し、会話が可能になります。

また、スタンド型の外部マイクが面会者側(玄関ホール)と入居者側(室内)双方の声を効率よく集音し拡声して会話をサポートします。

TS-CB1の付属のマイクは感度が高く指向性が良好ですので、マイクが30センチほど口元から離れていても口元に向いていれば声を拾います。そのため、複数の訪問者と入居者の自然な会話ができるようになります。

*TS-CB1本体の落下を防止するために、ガラス面に吸盤フックを取付け、本体を糸で吊り下げられるようにしています。ガラス面への設置については、こちらを参考にしてください。

■タケノコストアの会話ブースター TS-CB1
タケノコストアの「会話ブースターTS-CB1」は、特別養護老人ホーム熊谷めぬまの郷様でお使いいただいているように、パーティションが設置された場所でのスムーズな会話をサポートします。

たとえば
・会社や店舗の受付、窓口やカウンター
・会議室や応接室
・クリニックの受付や診察室
・介護施設の面会室
・マンツーマンの英語学習塾や趣味の教室
などでお使いいただけます。

親機と子機間の接続は無線通信なので、接続ケーブルは不要。
光を通す素材であれば、ガラス窓などでも使えるので、透明な窓で仕切られた
・新生児室
・研究施設
などでも使えます。

乾電池で動くので、電源の取れない場所でも使えます。
付属の外部マイクをご使用になれば、声が更に拡声されて届きます。

デモ機のお貸し出しも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

タケノコストア
会話ブースター
TS-CB1

製品ページ